薬剤師として働く為に必要な能力

薬剤師求人:求められる人間性とは

薬剤師に必要な能力とはなんでしょうか?この職業は大学等で薬学の教育を受け、国家試験に受かった者しか就くことができません。でも資格を持っているだけでは不十分のようです。

薬剤師は薬局などで薬を必要とする患者さんに処方箋にもとづいた医薬品を処方します。 間違いのないように薬を準備するのは当然のことですが、それだけでは仕事としてはまだ足りません。 患者さんに対して分かりやすく説明をしたり、疑問点にきちんと答える必要があるのです。

つまり、薬剤師にはコミュニケーション能力が必要とされるのです。薬学の勉強で知識を覚えることを重点的に取り組んできたとしても、実際の現場では一般の患者さんと一日中接していかなくてはなりません。

患者さんの身になって話をしなければなりませんし、説明するだけではなく納得してもらわなければならないのです。ですから一人よがりな人やコミュニケーション能力が極端に 低い人では薬剤師の仕事はうまく務まらないでしょう。

薬学の教育が6年制になりましたが、それは臨床薬学に力を入れるためでもありました。その臨床薬学を実際の職場で活かすためにも、患者さんと良いコミュニケーションを取る必要があるのです。

手に職をつけたいとか、薬に関する知識を持ちたいという理由で薬剤師を目指した人も、働くためにはコミュニケーション能力が必要とされます。薬剤師が必要な能力については文科省が10項目を設定しています。

その中に「基礎的な科学力」「研究能力」などが含まれていますが、それ以外に人間的な能力も定められているのです。

たとえば「患者・生活者本位の視点」「コミュニケーション能力」「チーム医療への参画」といったものです。コミュニケーション能力は患者さんとの間だけではなく、医療関係者との間でも必要とされるのです。

薬剤師の試験に合格するまでは勉強中心にやってきたとしても、その後は人間性を磨いて、人との関係をスムーズに築けるように努力していく姿勢が大切です。