薬剤師として働く為に必要な能力

薬剤師求人:求められる人間性とは

薬剤師に必要な能力とはなんでしょうか?この職業は大学等で薬学の教育を受け、国家試験に受かった者しか就くことができません。でも資格を持っているだけでは不十分のようです。

薬剤師は薬局などで薬を必要とする患者さんに処方箋にもとづいた医薬品を処方します。 間違いのないように薬を準備するのは当然のことですが、それだけでは仕事としてはまだ足りません。 患者さんに対して分かりやすく説明をしたり、疑問点にきちんと答える必要があるのです。
パート薬剤師の勤務状況

つまり、薬剤師にはコミュニケーション能力が必要とされるのです。薬学の勉強で知識を覚えることを重点的に取り組んできたとしても、実際の現場では一般の患者さんと一日中接していかなくてはなりません。

患者さんの身になって話をしなければなりませんし、説明するだけではなく納得してもらわなければならないのです。ですから一人よがりな人やコミュニケーション能力が極端に 低い人では薬剤師の仕事はうまく務まらないでしょう。

薬学の教育が6年制になりましたが、それは臨床薬学に力を入れるためでもありました。その臨床薬学を実際の職場で活かすためにも、患者さんと良いコミュニケーションを取る必要があるのです。

手に職をつけたいとか、薬に関する知識を持ちたいという理由で薬剤師を目指した人も、働くためにはコミュニケーション能力が必要とされます。薬剤師が必要な能力については文科省が10項目を設定しています。

その中に「基礎的な科学力」「研究能力」などが含まれていますが、それ以外に人間的な能力も定められているのです。

たとえば「患者・生活者本位の視点」「コミュニケーション能力」「チーム医療への参画」といったものです。コミュニケーション能力は患者さんとの間だけではなく、医療関係者との間でも必要とされるのです。

薬剤師の試験に合格するまでは勉強中心にやってきたとしても、その後は人間性を磨いて、人との関係をスムーズに築けるように努力していく姿勢が大切です。

管理薬剤師の仕事内容

管理薬剤師という仕事を聞いたことがあるものの、具体的な仕事内容がよくわからないという方もいるのではないでしょうか。 管理薬剤師は、薬に関する専門家です。

薬の製造や販売だけでなく、取り扱いに関しても深い知識を持ち、その管理的な立場にある存在のことをいいます。

医薬品の販売や製造などを行うところでは、管理薬剤師をおくことが薬事法により義務づけられているのです。 もしかしたら、転職先の職場で管理薬剤師のポジションをお願いされることがあるかもしれません。

仕事内容について簡単に説明すると、基本的な内容は通常の薬剤師と変わりありません。 通常の薬剤師としての業務に加え、管理職としての仕事が追加されるものだと思えばわかりやすいのではないでしょうか。

管理職としてやらなければならないことは沢山あります。 ただ、職場によって求められる技術や知識、担当すべき業務内容などは違うので事前によく確認しておくことが大切です。

一般的には、他薬剤師の指導なども管理薬剤師が行うことになります。 そのため、薬剤師としてそれなりの経験を積んだ人でなければ務まらない仕事だといえるでしょう。 それに、薬剤師へのマネジメント業務もあるため、他の薬剤師から尊敬されるような人でなければなりません。

どこで働くかによって仕事内容は違いますが、医薬品の販売や薬局、ドラッグストアなどでは、お客さんからのお薬相談や服薬指導も行います。 それから、在庫管理として陳列や棚卸といった一般的な薬剤師も行うような業務内容も担当することになるでしょう。

薬類の品質管理はもちろんのこと、医薬品の管理者として様々な業務を担当していくことになります。

職場によっては、店長以上の権限を持つ管理薬剤師もいるため、とてもやりがいのある仕事だといえるのではないでしょうか。 また、場合によっては経営に関しても意見を求められたりすることがあるため、店長から見ても頼りになる存在が管理薬剤師だと言えるでしょう。

管理薬剤師と副業

サラリーマンや主婦の間でも副業が流行っています。 本業の収入に満足できていなかったり、空いた時間を有効活用するために副業をしている方が多いようです。

そんな中で管理薬剤師と働きながら副業することができるのか疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。 一般的な職業に比べると、管理薬剤師は高収入が期待できる仕事です。 ですが、職場によって給与条件などは全く違うため、管理薬剤師として働いていながらも給与に満足できていない方もいるかもしれません。

思わぬ出費があったときのためにも副業で貯蓄をしておきたいと考えている人は多いでしょう。

管理薬剤師の副業についてですが、これは職場によっては可能です。 例えば、企業に勤める場合、就業規則で副業を禁止としているところもあります。 こういった場合はたとえ時間的な余裕があったとしても副業をすることはできませんよね。

それから管理薬剤師は副業に関して薬事法により定められていることがあります。 それは、管理薬剤師として働いている方が他の薬局などで調剤などの業務を行うことを禁止するというもの。

そのため、現在管理薬剤師としてどこかの薬局などに勤めている方は、他の薬局などで副業することはできないわけです。

しかし、薬事法で禁止されているのは、薬剤師として働いている方が、同じく薬剤師として副業をするということ。

つまり、本業で管理薬剤師をしている方も調剤と関係のない副業であれば可能ということになります。 ただ、法律的に問題はないものの、副業することはおすすめできないと言えるでしょう。

その理由として挙げられるのが管理薬剤師は非常に忙しく、責任感の重い仕事であるということ。 副業をしたために疲れがたまり、調剤でミスをしてしまったりしたら大変なことです。

人よりも体力があり、無理のない範囲で副業ができるということであれば問題ないかもしれませんが、そうでない場合はやめておいた方が無難です。 それに、時給の安い副業を始めるよりも管理薬剤師としての仕事を少し増やしたほうが効率も良いです。