イメージ画像

薬剤師の平均年収

どんな職業でも、仕事を探している時は、どれくらいの年収がもらえるのかが気になるものでしょう。人によってはできるだけ年収の高い職業を選びたいという人もいます。薬剤師の場合は資格が必要とされる仕事なので、他の職業と比べると年収は高めだと思われることが多いようです。

収入が多い仕事が良いと考える人は、男性でも女性でもたくさんいます。とくに女性の場合は結婚や出産などといったライフスタイルの変化がありますから、そういう変化があっても生涯にわたって 高い年収が得られることが大切になります。

事務職などでは一度退職してしまうと次の職場を見つけることが困難で、どうしても非正規雇用で低い時給で働かざるを得ないケースがよくあります。

薬剤師の就職先は調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などいろいろありますから、どこに勤務するかによって年収も変わってきます。平均年収についてもいろいろな数字があると思いますが、 調剤薬局勤務の場合はだいたい年収500万円というのが平均のようです。

薬局と比べると製薬会社の方が給与は高いことが多く、平均年収は800万円を超えると考えられています。 でもこれも年齢や役職によっても異なってきますし、あくまでも平均値を算出したものですので、全員がこの金額をもらえるわけではありません。

ドラッグストアなどでは店長になる人も出てきますが、その場合は平均年収が700万円以上と言われているようです。

次に年齢別に平均年収を見てみると、30代前後では550万円くらいということが多いようです。 年齢が上がると平均年収も上がり、50代前後になると750万円くらいの数字になるようです。不況が続く日本において、これだけの年収がもらえるというのは大きな魅力となっています。

実際に年収が高いことに魅力を感じて薬剤師を目指す人も多いのです。結婚や出産によって一度職場を退いた女性でも、薬剤師なら求人も多いですし、パートでもかなり高い時給で働くことができます。そのため、ライフスタイルの変化を見越してこの職業に就きたいと考える女性も多いのです。

このページの先頭へ