イメージ画像

転職回数が多い薬剤師の再就職

どんな職業でもそうですが、これまでの転職回数が多いと履歴書にズラリと転職の履歴が並び、会社の面接を受ける時に不利になるのではないかと心配されます。これが一回や二回の転職でしたら、現代ではよくあることなのであまり問題にならないかもしれません。

でも半年とか数ヶ月で仕事を辞めてしまったり、これまでに何度も転職を繰り返している人は、あまりよく思われないかもしれないと不安になるのではないでしょうか。

短期間で転職を繰り返してしまう人は、たまたま入った会社がサービス残業が多かったり、人間関係が劣悪だったりしたらある程度仕方がない面はあります。薬剤師の場合は比較的転職がしやすいこともあり、ここがダメなら他に移ればいいと、すぐ転職を考えてしまう人もいるのだと思います。

満足できない職場に長く勤めても、精神的な負担が大きくなってうつ病などになったら困ります。ですから短期間で会社を辞めることがあっても、それが必ずしも仕事が続かない人間だとレッテルを貼られることもないでしょう。

転職回数の多さをマイナスととらえる人もいますが、逆にいろいろな職場を体験してきたとプラスにとらえることもできます。転職活動をする場合も、これまでいろいろな職場で経験を積んできたことを 積極的にアピールするという方法もあるのです。

きちんとした転職理由を言えるようにしておけば、転職の回数が多くてもあまり問題にはならないでしょう。もし自分で転職活動をするのが不安なら、薬剤師専門の転職サイトに登録して相談してみると良いでしょう。

転職サイトでは専門のコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれますし、転職が成功するまで面倒を見てくれるのです。

世の中はどんどん移り変わっており、薬剤師をとりまく状況も少しずつ変わってきています。これまでは資格さえ持っていれば容易に就職や転職が可能だった状況も、何か強みがないと仕事に就けないというように今後変わる可能性があります。

自分が他人よりも優れているところを探して、それを伸ばしていくようにすれば 薬剤師として生き残ることができるでしょう。

このページの先頭へ